トップ / 病院勤務の医師とスタッフ

病院の医師の活躍について 

病院で働くスタッフには様々な職の人がいます。医師や看護師や事務員や清掃係などもいますが、患者に直接医療行為を行なえるのはお医者さんのみです。そのため、治療の際に中心的存在となり病院内をまとめる役割となることが多く、大きな責任を持ち仕事をすることとなります。患者にとって大きな存在でもありますし、院内のスタッフにとっても大きな存在です。そして、医療行為以外にも患者やその家族に説明をしたり、安心感を与えるのも役割のひとつです。事故により、心も傷ついていることが多いため、医師はそのケアもしているのです。

病院における医師の役割 

医師は国家資格を要する職業であり、たくさんの勉強と実習をしたうえで、病院に勤務することができます。人の命にかかわる仕事であるため、責任感を持って働くことが大切です。病院では看護師や医療事務をする人など、様々な職の人が働いていますが、その中で唯一医療行為を施すことができるのが医師です。ただし医療行為を支える他のスタッフへをまとめる存在でもありますので、周囲への配慮や敬意を忘れてはいけません。そして患者やその家族の支えとなりますので、強い精神力と優しく温かい心も必要とされる職業です。

医師の転科に関する情報