トップ / 小児科医師の仕事の魅力

小児科医師の魅力について 

少子化に伴って小児科の医師の需要が減っているのかというと、そうではありません。クリニックや病院の数も同時に減っているからです。子供のことは、やはりその専門の方に診察してもらいたいですよね。専門の先生は、そういった親御さんたちの為になれるので、やりがいがあります。また、最大の小児科の魅力は、子供の病状を診察するだけでなく、成長を見ることができるという点です。小さい子供であれば病状をうまく伝えられなかったりするのですが、それを分かってあげられると医師としてとても嬉しい気持ちになります。

小児科の医師について 

小児科の医師に必要なものは柔軟性だと考えられます。それは、具合ら悪いのはお子さんではありますが、実際にはその親も相手にするからです。まだあまりうまく話せない子からうまく症状の話を聞きだしたり、付き添う親や保護者への説明を丁寧に行い、適切な処置、処方を含めた対応や診察をするには、いかに気を使えるか、安心させるための言葉を言えたり配慮出来るかということが重要です。小児科は非常に専門性の高いところではありますが、医師自身が患者や保護者に対して上から目線ではなくて、症状や心配事に寄り添います。

医師の転科に関する情報