トップ / 女性医師が転科を望む理由

女性医師の転科について 

近年転科を希望する女性の医師が増加しています。入局時は消化器疾患や循環器疾患がやりたいと強い意志をもって入局したものの、実際に働いてみると激務の日々で、結婚や出産も重なってくるとライフスタイルに合う科へ行くことを余儀なくされることがあるのです。比較的人気のあるのは、長時間の手術やオンコールのない皮膚科や眼科、精神科のようです。しかし今まで積んできたキャリアを生かせる職場を選ぶなど注意深く選ぶ必要があります。

女性医師が転科をするわけ 

女性医師が出産をした後、職場に復帰するのは、なかなか簡単なことではないのです。現場の上司や同僚からの理解がなくて、退職を余儀なくされるケースがあります。子供が小さいうちは、在籍したまま非常勤や時短で働きたいと思っていても、病棟を担当することができず、専門医取得としてのキャリアを積みたくても積めないのが現状です。そうなると、専門医の道をあきらめて、転科をしたり、産業医になるしかなく、優秀な人が思うように仕事ができないというのは、とても残念なことです。

医師の転科に関する情報