トップ / 医師としての専門分野

医師が転科をする際に必要なこと 

医師にはそれぞれの専門があり、専門医としての認定を受けなければいけません。しかし中には転科を希望することがあります。様々な医療分野に関わりたいということであったり、医療過疎地で専門にこだわった診療を行う必要性を感じない場合には、幅広く対応をすることも求められます。医師が転科をする際には研修を受ける必要があります。誰でも簡単に行うことができるわけではなく、オールマイティーに対応をしたいと考えた場合には専門の研修を受けて、認定される必要があるのです。より専門的な知識の習得が必要となってくるのです。

医師の転職は医局から専用サイト 

従来、医師の転職は医局によって行われると決まっていました。しかし今では、医療関係者の転職、あるいは求人サイトが大きなシェアを占めるようになっています。個人情報や希望条件を入力するだけで、誰でも登録ができ、またサイトのスタッフからその人に合った求人を紹介してもらえるので、仕事をしながらでも転職活動をすることが可能です。転職サイトは、他にもメリットがあります。それは、模擬面接をしてくれたり、書類の書き方を指導してもらえたりする点です。また、転職に不安がある場合はカウンセリングもしてもらえる、便利なサイトです。

医師の転科に関する情報