トップ / 医師が転科を考えるとき

医師の転科を考える年齢とは 

医師が転科を考える年齢としては、様々な節目が考えられます。まず1つ目が、卒業後10年前後の頃です。経験も見識も十分に身についてきた頃に考える人が多く見られます。2つ目に開業を考える頃があげられます。開業には経営者としての感覚も必要になります。そして3つ目には40歳くらいを過ぎ、体力や集中力の低下を感じられる頃があげられます。少しでも長く医療に貢献するために、違う科にことを考える人が多く見られます。

外科医師の年齢による転科 

外科医師はとても過激な任務です。白い巨塔をお読みになった方はお分かりになるでしょうが、昔は外科は医学界の花でした。しかし今はそうとも言えません。何故なら、難しい手術を完璧にして当然だという風潮もありますし失敗したら患者からクレームが付きます。最近は失敗した手術に対する裁判訴訟も増えています。体力をとても使う職業ですし、手術中にはトイレにも行けません。それで、ある程度の年齢が来たら転科する方が多いと思います。

医師の転科に関する情報