トップ / 企業や自宅で働く医師

医師のやりがいと開業

医師の職場は病院だけではない 

医学生の多くが将来の職場として病院を志望しているようですが、医師の勤め先は病院だけではありません。クリニックや、診療所ももちろん多いのですが、企業に務めている医者は、実は結構な数がいます。企業で働く場合の就職先は、主に、製薬会社や、大手企業の専門医などです。製薬会社で働く場合は、新しく開発された製品に危険な物質が入っていないか確認したり、その効果を予想したりする仕事や、開発に伴って情報を提供する事が主な仕事です。また、大手企業の専門医になる場合は、その会社に出社し、気分が悪くなったりケガをした社員の診察を行ったり、自宅で待機し、社員が必要な時に出社したりするパターンが多いようです。企業で仕事をする医師のほとんどは、十分な臨床経験のあるベテランである場合が多いです。企業で働きたくても、一先ずは病院で勤務するのもいいでしょう。また、企業で働く場合は、その企業によって給与の幅が大きいので、しっかり確認しましょう。

自宅で働ける医師とは 

医師は、病院や、企業以外にも勤務先があります。一番知られていないのが自宅での仕事でしょう。自宅で仕事をしている人に多いのは、子供を産んで自宅にいなくてはいけない女性です。もちろん在宅なので医療行為はできませんが、それでもこの仕事は、病気や怪我をして不安にな人に寄り添える仕事です。その仕事の内容とは、インターネットで医者として、病気を患っている人にアドバイスをしたり、健康相談にのるというものです。この仕事だけで満足できない人は、近所の訪問診療を行っていたり、自宅待機をする仕事をしていたりします。病院に勤めるだけが仕事ではないようですね。自宅以外にも、大学の先生として働く、という人もいるようです。しかし、大学の教授として働こうとすると、多くの場合、臨床経験がなければできません。なので、若い内に子供を産んだ女性医師にとって、最適な仕事といえば、やはり自宅や、近所でできる仕事に限られるようですね。

医師の転科に関する情報