トップ / ストレスが溜まる医師

医師が抱えるストレスとは 

医師の職業は、担当患者を診察するために、土日であっても病院に出勤する必要があります。休みは不定期で、さらに病院業務から離れて自由な時間が持てない職場も多くあります。また、夜勤の業務や当直が多くあります。救急医療を行っている病院では、一晩中働いたり、急な患者の対応が求められたりするケースもあります。このため、趣味や家族との時間が取れず、ストレスになっています。また、医師の仕事は患者の命に直接関与する仕事です。ひとつのミスが他人の健康や命を奪う原因につながってしまうというプレッシャーが常にあります。

医師のストレス排除を考える 

医師は毎日人の命にかかわる仕事をするようになりますので、仕事中に一切気を抜くことが出来ません。少しの気のゆるみで、大きな病気を見逃すことになってもいけませんので、毎日常に緊張状態で働くようになるからです。そんな緊張状態が続けばストレスがたまるようになり、精神的につらくなります。病院によっては、医師のストレスを排除できる取り組みをしているところもあります。勤務時間を短くしたり、夜勤の回数を調整したりしてくれていますので、ストレス排除の取り組みをしている病院を選んで働くようにしたほうがいいでしょう。

医師の転科に関する情報