トップ / 医師の種類とその仕事内容

大学病院の非常勤医師 

「近所のクリニックの先生は、週5日しか勤務がなくていいな」と思っている方も多いようですが、開業医の中には休診日に出身大学の外来を担当してるケースが少なくありません。大学病院で講師をしていたけど、実家が開業医で、親がもう高齢であったり親が亡くなったので後を継ぐなどの理由で退職した医師であることもあります。大学病院にも多くの外来患者を持っていて、毎日仕事をしているなんて人もいます。入院患者から見れば、週1回の回診の時はいても、普段は姿を見せない先生かもしれませんね。

医師のサポートをする麻酔科 

医師になった場合、どの診療科で働くかは自分で決めることができます。内科や外科といった代表的な診療科目がある中で密かな人気となっている診療科目として麻酔科があります。手術中の麻酔を担当することで患者の命の鼓動を常にチェックする役割をもちます。内科や外科と比べてあまり有名ではないものの麻酔科で働く医師は重要な人材です。麻酔は人にとって緊張と恐怖を和らげる重要なものであり、このエキスパートが存在することで私達は安心して医療を受けることができます。目立たない存在ではあるものの密かな人気を集めています。

医師の転科に関する情報